So-net無料ブログ作成
検索選択

CHICAGO 観劇記録 [OG]

CHICAGO、なかなかよかったですよ←えらそうな物言い

一緒に観に行った先輩に幕間感想を聞いてみたら
すっごい面白い!コレ面白くない人なんていないでしょう!!!」と
大興奮で、自分はそこまでは思っていなかったんだけどなんか嬉しくなって
第二部は更に楽しめたかな、って感じ

ロキシーの米倉涼子さん、役にぴったり
ビリーの河村隆一さん、これも役にぴったり

ヴェルマの和央ようかさん…大健闘[ぴかぴか(新しい)]
この役ってとても難しそうで、大チャレンジだな~と初めは何となくハラハラして
観ていました…含むビジュアル面

先輩にあのヴェルマはありか?って聞いてみたら
「確かに宝塚っぽい言い回しだし歌い方も独特だけど、多分初めて観る人には
違和感ないんじゃない?つるちゃんが観て思うよりも」
とのこと

そう、もうどうしても、あの素敵な和央さんが
・女囚
・セクシー衣装
・三枚目
という役を演じていることに戸惑いを禁じえなかったのです[あせあせ(飛び散る汗)]

後半で慣れたって感じ…

しかしながら

戸惑いながらも、やっぱりさすがだなって感じたのは
抜群のプロポーションと、歌える踊れる演じられる、という点
そして何より存在感
舞台に立っているだけで視線を集めるあの存在感!これに尽きる

ヴェルマの歌は難しいし、歌いながら繰り広げる踊りはハードだし
スタミナとガッツがある人、そして舞台経験、それも真ん中に立ったことがある人
じゃないと、とうてい演じることの出来ない役どころ(だと思う)
和央さんのチャレンジ精神にエールを送りたい[手(パー)][手(パー)]

それにしても…
歌い終えバックステージに歩む和央さんの引き締まった肉体(背中
にしたたる汗きらめくのを見た瞬間…クラ~…
椅子股を広げるところとか…ヒーーーた~すけて~~~~~
もはやスカートでもないような布がピラッとしてが見えたりする場面とか…気絶、でも観る、オペラで…
猫なで声とか…みみ・・見てはならぬものをみたぞ…みたいな、、、

どう考えても周囲は和央さんファン(拍手の雰囲気から察するに)だったけど
あなたはどう思う?どう思うのかしら?と問いたかった。。。

そんな体当たりな元バリバリ男役和央ようかさま
あんなにまでセクシー衣装を着ていながら全然色気が無いのもすごいこと

カーテンコールで素になってる和央さんは、相変わらず素敵だった
ロキシーと最後階段昇っていくところ、米倉さんの肩だったか腰だったかに手を回し
走る様に男役を感じてしまった、だってちょっとリードしてるんだもんあの長身で
あの長い腕ですっぽり包んでさ[黒ハート]

和央さんのことばっかり書いてしまうけど

印象的だったその他のこと

・ダンサーたちの、透け透けのエロっぽい衣装
・そのエロっぽい衣装に包まれた体をエロエロに表現しまくる振り

男も女も・・・エロかったっすね

ある意味、下着よりエロいような…
裸にメッシュって…

体を強調する振りがボブ・フォッシークオリティ?

大澄賢也の乳首がチラチラチラチラチラチラチラチラ見えるチョッキとか
ブーメランビキニのような黒パンツの女の人とか…ね、眠れんよ今夜…[キスマーク]
とにかく官能的、子どもは観てはならないよ!

河村隆一がまた、言っちゃ悪いが全然期待して無かったんだけどさ
私が間違っておりましたよ
これまた素晴らしくピッタリなんだわ、悪徳弁護士ビリー・フリンに!
なんと言うか…

ズルダサイ感じ

河村隆一って言ったら、繊細に愛の歌歌う貴公子のイメージだったのに
全然!お金大好き!愛は金次第
軽薄を地で行く素晴らしい役作りでございました
髪型や眉毛の描き方も冴えなくてね~かっこ悪いの
3人の中で、実は最も役にぴったりだったかも
腹話術の場面も米倉さんと息ピッタリだった

セクシーダンサーさんの白い大きな羽根に囲まれながら歌うナンバーと
エイモスに対する不誠実極まりない表情が印象的だったな

米倉涼子さんは、歌のレッスン相当されたんだと思う
ミュージカル初挑戦とのことでしたが、さすがプロ!まさにロキシー
頭が悪くて品が無い、でも憎めないキュートな感じがよく出ていた
旦那エイモスに、それはそれはすごく失礼な態度を繰り返すんだけど
悪意の無い開き直りの天然ぶりが好演でした
スタイルもいいし、存在が極めて明るい感じで可愛かった
ダンスは上手だった

エイモス役の金澤博さんが名演技だった
あの体は天然か、肉入れてるのか?最後までわからなかった…
“親すら気付かない存在感の無さ”と哀愁を漂わせたら日本一だね[手(チョキ)]
拍手が大きかった

スタンディングオーベーションで何度か幕が上がったけど、掛け声が

「和央さ~~ん」
「りゅういち~[ハートたち(複数ハート)]かっこいい~[exclamation×2]
「和央さーーーん[exclamation×2]

「たかちゃん」ではないんだね
ここはもう宝塚じゃないからね
和央ようか”をPRしないとだもんね

はにかむ和央さんの女優としての姿を眼に焼き付けつつ、ゲホゲホ(風邪)しながら
赤坂ACTシアター入り口で出待ちする人々を尻目に地下鉄に向いましたとさ

今週のデザート
千疋屋のマロンパフェ
maro10.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。