So-net無料ブログ作成

逆転裁判2の感想 [宙組]






お久しぶりです
母に乳幼児を預けて宝塚観劇に出かけた不良ママです
早速感想、簡単なものですが

友人が誕生日にくれたぽけっとおとめ片手に…
待望の商品ですねコレって

ま~まず、久々の宝塚があまりにも眩しくて
蘭寿さんフェニックス・ライトの登場に
全身鳥肌が立ってしまいましたヨ
歌声が優しくてやわらかくて、目がハートになりました
実は、失敬なことですが、蘭寿さんの舞台姿を
初めてカッコイイと思いました、胸キュンでした
(出待ちなどで見る蘭寿さんは素敵だと
かねてから思ってましたが)

特にプロローグ、絶叫しそうにカッコよかったっす(ディック風に)
メロディが戦隊物っぽくてなかなか好きでした
幼稚園くらいまではかかさず見ていた戦隊物
(デンジマンとかダイナマンとか)

そしてそして!
ああ~~生悠未さま~~~~~~~~~~~
出産からまだ2ヶ月ほどなんですが、あまりにもめまぐるしくて
もう半年くらい経っているような感覚でして、久々に登場した
舞台上の悠未さまの立ち姿がもうもうもうかっこいいこと

蘭寿フェニックス・ライトの明るい声に比べて
低くて男っぽい声の悠未エッジワース!
きゃ~~もう、もう
うひゃひゃひゃ!って感じでした
『A/L』を思わせるかっちょいいプロローグですね

純矢ちとせさんに似てると、私に、以前たった1人ですが
言ってくれた宙組ファンの方がいらっしゃるんです
だから、その瞬間からなんとなく純矢さんを応援してる
単純な私ですが、今回ヒロインなんですね~なんか嬉しい
でも自分では全然似てるようには思えない
強いて言えばアゴは似てるかも

すみれ乃麗さんは、この衣装や役柄がとても似合っていて
これまた初めて「いいじゃん?」って思いました
ゲームキャラそのものなんでしょうね
声もアニメっぽいし
見慣れるまでは何じゃこりゃ!?って思いましたけど、、

実際のゲーム中のキャラクターを見てみたいなと思わせたのは
春風さんのディック刑事かな
今回、お化粧も上手で私好みな感じでした
スタイルがいいからトレンチコートもすごく似合っていた

あと、思わずパンフレットを買ってしまった最大の理由は
ロッタ・ハート役の人は誰!?と思ったことで
まさか美風舞良さんとは!ってびっくりでした
まるでご当地限定キューピーちゃんみたいで
えらい可愛かったっす

ローランド役の七海ひろきさんは、途中から
なぜか若い頃の大和悠河さんに見えた
お化粧が似てるのかな?
あごの長さと鼻の小ささが特に似ているように思えた
あとおちょぼ口も

藤崎えりさんの衣装はお色気系だけどキュートでしたね
赤坂ACTシアターは舞台から1列目が近くて
しかも前列は見上げる系だから、前列の観客に
パンツ見えたんじゃないか?って、そのことばかりが
気になってしまった。。あほ?
片腕を吊ってるのにダンスが素敵だった
今度ショーを見れることがあったら注目してみよう


妊娠で17㌔太ったんで
とにかくタカラジェンヌが細くてまぶしかったなあ

途中から気付いたんだけど、後ろの女性2人組が
ゲームのファン、というかエッジワースファンであるらしく
悠未さんの登場や一挙手一投足に大喜びしていた(^_^;)
「カッコイイ~」と爆笑していた

裁判長の風莉じんさんのつけまつげはふっさふさなのか
白目が全然見えなかった 笑

いっつも思うんですが、や、気のせいだと思いますが
悠未さんをジ~っと観ている私を、近くにいる風莉さんが
舞台から観ているような…だって目が合う気がするんだよ…
や、そんなわけはない自意識過剰もはなはだしくて
非難の猛攻撃されそうですが
風莉さんって悠未さんにすごく良くしてくれる印象で
現役時代の右京さんみたいな存在というイメージなので
もしや「ああ、あの人も、ともさんのファンなのね」って
見守ってくれてるんではあるまいか
って、思っちゃうんですよ
ハイハイ、そうですね、舞台から一観客の私を
観てるわけないですね、はいそうです、勘違いです

あ、思い出した
順不同ですが
蘭寿さんのソファでの寝転がり方が超カッコよかったです
添い寝したいです

ゲームのキャラに忠実に演じてらっしゃる悠未さまは
カッコイイというより面白さのほうが際立ってました
2幕の裁判所の場面で台の上に肘をついて
ズッこけるみたいな、ギャフンみたいなポーズが
可笑しかったな

ゲームを舞台化するって、とても大変そうだ
ロールプレイングゲームは解いていく過程を
楽しむものであって、物語としては浅いというか
大した内容がないというかなので
宝塚で、きらめきときめきを求めつつ
意味のある舞台を作り上げるのは相当難しいと思った

あ、ロープレゲームを否定してるわけじゃないよ
学生時代は『かまいたちの夜』にはまったもん

だからこれはキャラクターを楽しむ舞台なのかな
だからゲームをやっておいたほうがきっと
数倍楽しめたんだろうな、って感じました
ゲームしらなくても素敵だったけどさ

最後のカリフォルニアの海辺で
ルーチェにプチ告白されたあと、
ローランドを支えられるのは君だけだとか何とか言って
ルーチェの背後から腕を掴んでそっと離すところ、
フェニックス・ライト蘭寿さんがとっても優しくて、
キュンとなってしまったっす
いいな~

悠未さまには“強引に迫る”とか荒々しいのを
(イメージ安蘭けいさん系の)やってほしいけど
こういうソフトな男性も素敵っす

最後のプチショーみたいなので1番好きだったのは
幕が上がってセンター奥板つき、えんじ色の衣装
(比較的最近の宙公演で着てた?)で
腰をそれはそれはエロっぽく誘うようにゆっくりと
思わせぶりに回す振りのとこーーー

DVDってまだ発売されてないんだね~
即買おうと思って帰ってきたのに!


そんなわけで、久々に書いたので全く、いつも以上に
まとまりない感想ですが、これにて終了いたします

あ、私が観た日は彩苑ゆきさん、美郷真也さん来てました
悠未さまがチロッチロッと視線投げてました
いいな~私にも~~なんて!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。